トップ> 銀行の格付対策 : 債務者格付とは

債務者格付とは

6.節税対策と債務者格付

(1)利益圧縮型節税対策を行うと決算書が悪化し、これが債務者格付を下げる可能性を持っている
→ 節税を考える場合、その方法が税務上適正か否かに加え重要財務指標がどの程度悪化するのかを事前に吟味することが必要
→ キャッシュアウトを伴う節税策では格付低下と相俟って次年度以降の資金繰りに支障をきたす恐れあるので次年度以降の中期計画でも吟味すべき

(2)当期利益で限りなくゼロに近い黒字が節税と信用維持を両立させる理想の決算ではない
→ 限りなくゼロに近い黒字では、重要財務指標の点数も限りなくゼロに近いため格付的には要注意レベル